トップページ
体験プログラム
体験プログラム各種
体験フォト&作品集
これまでの取り組み
お申し込み・お問合せ
会員募集
カレンダー
アクセス
個人情報保護方針
リンク集 南加賀の歴史秘話
体験ランドClubブログ
ふるさと地域資源活用プロジェクトは、石川県STEP21重点プロジェクト認定事業です。

鉱物採集ウォーキング

古くは江戸時代、前田藩政の頃、金発掘の鉱山があったその麓(ふもと)へ


宝探しに行きませんか?

日  時 2012年10月13日(土)
10:00~15:00 小雨決行
集  合  9:30 小松駅
10:00 尾小屋鉱山金平坑跡(各自でお越しの方)
参 加 費 一般(高校生以上):5,000円
小学3年~中学生:3,000円
講  師 石川県鉱物同好会 副会長 河合豊博氏
必 需 品 スコップ、長靴、手袋、鈴、カッパなど
スケジュール
午  前 10:00~12:00
尾小屋鉱山金平坑  ~紫水晶、黄銅鉱などを探します~
昼  食 12:00~13:00
小松名物の「柿の葉寿司」で昼食タイム
採集した石の品評会
午  後 13:00~14:30
川の中州で鉱物採集。割ってみてのお楽しみ!

世界に誇る、小松の石
 「尾小屋鉱山金平坑」といえば、近年全国の鉱石マニアたちの採集スポットとして注目を浴びているところです。
 歴史をたどれば、その始まりは江戸時代、1700年頃。金平地区で金鉱脈が発見されたのを皮切りに、尾小屋地区で銅鉱脈も発見されるなどし、「尾小屋」は日本有数の銅山となりました。しかし、ピークであった昭和30年頃を境に経営が難しくなり、昭和46年(1971年)に全面閉山となりました。
 その鉱山跡にひっそりと散りばめられているのが、黄銅鉱、孔雀石、重晶石、銅藍、青鉛鉱、白鉛鉱などの鉱物たち。運がよければ紫水晶も見つかるかも。専門家の間では「世界に認められる日本の鉱石」として、糸魚川の翡翠、奈良のガーネット、そして石川の紫水晶が挙げられるのだそう。それは小松産の紫水晶。この金平の地で、あなたも探してみませんか?
 今回は特別講師に石川県鉱物同好会副会長の河合氏を迎え、採集出来る鉱物の種類や特徴から、マナー・ルールまで教えていただき、みなさんと楽しく採集したいと思います。
 小松は様々な種類の「石」が採取できる貴重な土地です。山の保全活動の観点から観光資源としての活用方法まで様々な問題もありますが、私たちは鉱物同好会の皆様と連携し、ひとつひとつ解決法をさぐっていきたいと思っています。


※天候等の都合により、内容を一部変更することがあります。
※大切な地元資源です。マナーを守り採集しましょう。
※詳細については、お気軽にお問い合わせください。


九谷焼 石彫 加賀絹 小松瓦 加賀茶 トマト・果物 小松畳表 鉱物採集 里山サイクリング スペシャルプラン